金曜日、従姉妹の姉ちゃんとご飯を食べた。
場所は青山のラピュータガーデンにある Altomond というイタリアレストラン。なんかバイオリンの生演奏とかあったり、プール付きのテラスからは東京タワーやら六本木ヒルズが一望できるナイスビューでして、それはそれは豪華でした。帰りは姉ちゃんのジャガーを運転して帰宅。やっぱ金持ちになりたいと思った夜でした。
土曜日、六本木の俳優座劇場で「高き彼物」っていう芝居を観た後、回転寿司でちょっと腹ごしらえをして、久しぶりにInnocent eye へ。あいかわらずの愛すべきみんなに加えて、スウェーデン人のマーティンとかと飲む。マーティンは日本語がめちゃくちゃうまくておもろい。すげー大人に見えるけど実は年下。でもって以前デンマークで食べた生サーモンがしょっぱかったぞーとか話したり、「付き合ってるとは何?」とか、前にやったイベントのビデオを見てSMショーで興奮したりして楽しかった。
結局明け方まで飲んで、少し仮眠を取ってから荒川でサッカーをやるというヒエちょんと帰宅。眠ろうと思ったけどなんとなくサッカーを観に荒川へ。ヒエも朝まで飲んで一時間かそこらしか寝てないのに、ディフェンスラインを統一して頑張ってた。負けちゃってたけど。で、なんか家からも近いし次節から参加させてもらえることになった。お腹の肉やばいし頑張ろう。ヒエはこれから仕事で撮影らしい。相変わらずタフだね。過労で倒れないでね。
でもって俺は隣のグラウンドでやっていた小学生の大会を見にいったら昔所属しているチームが試合していて「おぉっ」とか思い、しばらく観戦。実は僕は小学生の時このチームで全国優勝していて(自慢)、試合には出てたけどへたくそだったし(今もだけど)、なんかやらされている感じがしていてあまりサッカーが好きではなかった。楽しそうに試合をしている子供を見てると、勝ち負けよりも楽しくサッカーやってくれよっとか思った。でも親が気合入りまくって指示とかしてるのが気になった。あんまり期待するのはかわいそうだよ。気持ちはわからなくもないけど。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。