PRIDEの会場、僕は両手にグローブをつけて控え室にいる。
もうそろそろ試合らしい。室内には緊張感が漂っている。
トレーナーが2錠の薬を手渡し、僕は水で一気に流し込む。何の薬かはわからない。
尿意をもよおしトイレへ。しばらく用を足しているが一向に終わらない。5分くらいずっと垂れ流し状態。
すると遠くでリングアナが桜庭のコールをする声が聞こえる。
やばい、すぐに僕の名前も呼ばれる。しかし全然おわらない。脂汗がダラダラ出る。
桜庭のコールが終わった瞬間やっと止まった。
僕を探していたトレーナーがトイレに駆け込んでくる。
「早くしろ、もうおまえが呼ばれてから10分たっているぞ」
やばいやばすぎる。走ってリングへ急ぐ。
大会場の客は僕をみるやいなや大ブーイング。
僕は何故か新入社員の様にすいませんすいませんと頭を下げながらリングへ向かう。
リング上にはあきらかに不機嫌な桜庭が。
「遅れてすいません」と桜庭にあやまると「いいよ。」といつもの笑顔が。
ほっと安心するやいなやゴングがなる、「カーン!!」
なにがなにやらわからないまま左フックを連発する僕。それが当たる当たる。
桜庭の顔が変形するわするわ。
でもなぜか「すいません、すいません」とあやまりながらパンチをする僕。
寝技に持ち込まれて関節を決められた。
痛い、痛い。あやまりながら泣く僕をみて笑う桜庭。
痛さのあまり目が覚めると、朝だった。
朝食を取っているときに母親が言った
「桜庭って誰?なんか一生懸命あやまってたけど。」
寝言も言っていたらしい。


多分、分析するにPRIDEが出てきたのは昨日寝るときに「すぽると」でシウバVS吉田戦をみたからで、左ジャブを連発していたのはその後「明日のジョー」を読んでいたからだと思う。
そう考えるとトレーナーは丹下段平ってことになるけど、顔ははっきりと覚えていない。
夢を見るのはいいけど、寝言は本当に治したい。誰か治し方教えて。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。