想いが言葉に変わるまで
その胸でしっかり抱いてやればいい
さなぎが蝶々に変わるまで
静かに見守ってあげればいい
言葉にならない
それは多分
本当のことを言おうとしてるせい
言葉にならない
それは多分
本当のことに近付いてるせいだよ
溜息が歌に変わるまで
孤独を突き詰めてやればいい
呪いが祈りに変わるまで
悲しみに抱かれて眠ればいい
喋りすぎたよ
それは多分
本当のことから遠ざかってるから
言葉にならないよ
それは多分
本当のことに近付いてるから
想いが言葉に変わるときには
きっと君に会いに行けるよ
想いが言葉に変わるときには
やっと君に会いに行けるよ
古明地洋哉 「想いが言葉に変わるとき」

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。