昨夜、サイバーエージェントの藤田社長の ジャパニーズ・ドリーム を読了。
だいぶ前の本だったので、古本屋からの取り寄せだったんだけど、
コレは買って正解だった。
さらには、昨日本屋で買ったライブドアの堀江社長の
堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方
を今日から読んでる。
カンタン!って書いてあるけど、もちろんカンタン!なわけはない。
普通の人が苦と思うことを、苦に思わない堀江社長のバイタリティを行間から感じた。
多分今日中には読み終わる。
最近はこういう本をよく読むようになった。
堀江社長は正直、敬遠気味だったんだけど、
やっぱりなんといってもあのオン・ザ・エッジの社長だったわけで、
ちょっと面接行こうかなとだいぶ前に思ったりもしたわけで、
そういえば家賃補助が7万円だったわけで、
そこらへんの起業に至る話は興味深く読んだ。
二人とも言っているのは「営業」の重要性だ。
藤田社長がインテリジェンスのナンバーワン営業マンだったのは有名な話だったけど、
堀江社長も営業以外はアウトソースすればいいと言っている。
すなわち、営業はアウトソースしてはダメだということ。
僕もさっそく影響を受けて、営業を軸にした事業計画書にするべく再構築している。
そういえば興味深かったのが、ベンチャーの社長のアンケートかなんかで、
「たくさんのお金が入ったら何をしますか」みたいな質問があったんだけど、
他の人が「南の島で暮らしたい」とか「いい車を買いたい」に言っている中で、
「次の事業に挑戦する」と答えた人がいて、
それは藤田社長と、堀江社長と、楽天の三木谷社長の3人だけだったという話があった。
今、勝ち残っているのは・・・いわずもがなですな。
そんな感じで、僕もちょっと気合をいれなくてはいけないなと、
腹に力を込めて気合を入れた。プッ。おなら出た。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。