book_saodake.jpgさおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」 という本を買いました。これ面白いです。タイトルからしてかなり気になりますよね。確かにさおだけ屋で買っている人を見たことがありません。思わず本屋で手にとってレジへいってしまいましたよ。タイトルの付け方が秀逸だなぁ。
この他にも住宅地にある高級フランス店は何故つぶれないかとか、いろいろと興味をそそる内容になっています。会計というジャンルで考えるよりも経営とかビジネス的な視点で読んでみてもかなりおもしろいと思いますよ。
ちなみに僕は小さい頃からずっと「さおざけ屋」だと思っていました。なんか大きな竿で酒をかき混ぜているイメージをずっと持っていました。酒職人が大きな樽に長い棒を突っ込んでかき混ぜているシーンがありますよね。あれです、あれ。
「いつか僕も大人になったらさおざけ屋さんで竿を買って、酒をかき回すんだ」とベランダから見下ろすさおだけ屋さんのトラックに誓った記憶も過去の話。思えばその頃から酒飲み人生が始まっていたのかもしれません。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。