周回遅れのランナーのような心境ですが、このニュースはさすがに取り上げなくてはいけないですね。フォトショップ、イラストレーターでおなじみのアドビ社がドリームウィーバーやフラッシュでおなじみのマクロメディアを買収しました。買収額は約34億ドルだそうです。わお!わお!わお!
さて、いつもこのブログを読んでいる少年少女は何のことやらさっぱりだと思うのでこの事がどれだけ大きな出来事かを今からお兄さんが説明するね☆


まず、ホームページを作る時に必要なものってなんだろう。もちろん人によっていろいろな道具をつかったりするんだけど、お兄さんは3つの道具を使っているんだ。
一つは アドビ社フォトショップ 。写真屋さんじゃないよ。この道具があればホームページの見た目を作ることができるんだ。たまに「フォトショ」と略して言う人もいるね。でもお兄さんは「ップ」というところが気に入っているからちゃんと「フォトショップ」って呼んでるよ。
二つ目は マクロメディア社ドリームウィーバー だね。この道具を使って実際にみんなが今見ているホームページを組み立てているんだよ。見た目はフォトショ(ップ)、組み立てるのはドリームウィーバーって感じだね。たまに「ドリームウェーバー」という人がいるけど、「ドリームウィーバー」だからね。これは結構試験に出るから気をつけたほうがいいよ。
あと、前から思っていたんだけど、この「ドリームウィーバー」という名前の元は実はジョン・レノンなんじゃないかなぁって思っているんだ。ジョン・レノンが歌う「 GOD 」という歌詞の中に「 I was a dream weaver 」って歌詞があるんだ。どうでもいいね。でもいい曲だから聴いてみるといいと思うよ。次いくね!
三つ目は「情熱」だね。いや、情熱というよりもむしろお兄さんは「目」、あのホームページを作るときの情熱的な目があればお兄さんはご飯は3杯はいけちゃうんだ。
大分話がそれちゃったね。さて、話を戻すよ。要するにホームページを作る仕事をしている人たちにとって、アドビ社の「フォトショップ」とマクロメディア社の「ドリームウィーバー」はとってもかかせない道具だと言えるんだ。その二つの道具を作っている会社が合体することになった。
正確に言うなら、アドビ社がマクロメディア社を買うことになった。金額は38億ドルだって。日本円にしたら、4066億円だ!ちょっと想像がつかないよね。どれぐらいの金額かわからないと思うから試しにお母さんにこう言ってみよう
僕「お母さん、おこづかい上げて欲しいんだけど・・・。」
母「最近勉強がんばっているもんね。いくらくらい上げて欲しいの?」
僕「4066億円」
多分包丁で刺されるから気をつけてね。
でもお腹に鉄板を入れておけば大丈夫だよ。
そんなわけで、二つの大きな会社が合体することになったんだ。スーパーサイヤ人みたいだね。でもね、必ずしも合体すればいいってものじゃないんだ。
合体したら最強になっちゃうよね。そしたら、戦う相手がいなくなってしまうよね。二つの会社が別々の時はお互いに争い、戦いながら成長していけるよね。合体したらそれがなくなってしまう可能性があるね。でもその反面、お互いのいいところを取り合ってよくなる可能性もある。それは今後を見守る必要があるね。
それに、お兄さんがちょっと気に掛けているのは、もしかしたら値段があがっちゃうんじゃないかっていうこと。もともとアドビ社の道具はとても便利なんだけど、値段がとても高いことでも有名なんだ。マクロメディア社の道具はそれほど高くなかったんだけど、合体してしまって高くなっちゃうかもしれないね。
もし高くなったらお兄さんは女房を質屋に入れなくてはいけないかもしれないね。え?女房を質屋にって何かって?そんなことはまだ知らなくていいよ。ただ一つわかって欲しいことは女房は質屋に入れられないってこと。
だから間違ってお母さんを質屋に入れようとしたらダメだよ。そんなことをしようとしたら、多分包丁で刺されるから気をつけてね。でもお腹に鉄板を入れておけば大丈夫だよ。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。