モーグルって最高ですよね。僕は見るのもやるのも大好きなのですが(今ひとつ嘘をつきました)、昨日は男子のモーグル決勝がありました。モーフンしながら見ていたんです。そして、最後の滑走で優勝をかっさらっていったのがオーストラリアのベッグスミスでした。
その後、番組はスタジオに戻ったのですが熱血テニス男こと修造松岡が「このベッグスミスという選手、12歳くらいからモーグルで有名だったのですが、若くて遠征に行くお金がなかったので自分でIT企業を作って、いまや40億円企業なんですよ、でもカナダチームとうまくいかなくってオーストラリアに渡った・・・あ、ちょっとまった、現地の映像をごらんください!!」と言っていました。
僕、こういう話に弱いんです。修造松岡の話の続きがめっちゃ聞きたかったんですよ。でもモーフンしている修造松岡はもうこの話をしてくれませんでした。残念。仕方ないので、これは明日調べよと思って携帯から自分のメールアドレスにメモメールまで送っちゃったりしたんですよ。
そしたら コレ ですよ。ヤフートピックス、略してヤフトピですよ。くらいました。僕が発見した感があった情報がヤフトピに出たこのやるせなさったらないですよね。はいはい、気持ち悪いですね。はいはい。
ヤフトピにはこうありました。

ベッグスミスは「IT長者」としても知られている。カナダ・バンクーバー生まれでオーストラリアとの二重国籍を持つ。97年から99年までカナダのジュニアチームの一員として各地を転戦したが、00年にカナダで戦うことをあきらめた。13歳の時に兄とともにインターネットのウェブサイト広告関連の事業を興した。しかし、カナダチームはベッグスミスが事業に時間を取られるのに難色を示し、けんか別れになったという。

ウェブ広告関連会社。しかも21歳にしてランボルギーニを乗り回しているとのこと。なんか微妙にムカついてきました。でもって、このベッグスミスの会社はどこだーと思って探してみたのですがわからない。なんて会社か知っている人教えてください。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。