レッズ大好きケンジと飲んできた。
ケンジはとにかく応援することが好きで、
大学時代は全身エンジ色になって
野球部やラグビー部を応援し、
今は真っ赤なレプリカユニフォームを着て、
浦和レッズを応援している。
感極まって泣くこともあるらしい。
そんなケンジや大学時代の後輩と、
王子神谷のやるき茶屋で飲んできた。
やるき茶屋の店員さんは注文すると
必ず語尾に「よろこんで!」をつける。
「とりあえず生ください」
「よろこんで!」
「すいません、おしぼりをください」
「よろこんで!」
「娘さんと結婚させてください」
「よろこんで!」
とにかく何でも喜んでくれる。
あまりにもマニュアル化した「よろこんで」だと
なんだかなぁって感じだけど、
そのお店の人は汗をものすごくかきながら、
すごい笑顔で言ってくれたので、
本当に喜んでくれてるのかもしれないな、と思った。
言い続ける事で、態度や姿勢に出てくるようになるのかもしれない。
泣くほど応援したり、汗だくになって喜んだり、
そういう人間らしい事って最近ないなぁと思った。
もうすぐ30歳になるけど、
思いっきり笑って、思いっきり泣いて。
そんな30代も悪くないなと思った。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。