最近わりとパッとしないなぁと思う時がある。
朝起きて、会社に行って、家に帰る。
そんな単調なリズムに飽きてきたのかもしれない。
そんなこんなで今日も22時くらいまで仕事をして、
そろそろ腹減ったし帰ろうと思ったんだけど、
こんな時間だと家に帰ってメシを作る気もおきないので、
帰りにビール買って帰ろうかな、あ、唐揚げも買うかー、
なんて考えながらチャリンコ置き場にとぼとぼ向かっていったわけです。
そしたら、どうも自分のチャリンコに張り紙が貼ってある。
「あれ?なんか注意書きしてあるな。まずいぞ。。」
P6168041.JPG
「ん?なんだこれ?」
P6168044.JPG
※ 緑がかって怖いのはひとえに僕の腕が悪いせいです。
「ま、まさみだ!」
そういえば今日の朝、いつもの自転車置き場にチャリンコを置こうとしたら、
最近トーキョーバイクを買った事でおなじみのアタカ君のチャリがあったのですが、
スタンドのバランスが悪いらしく、自立できずに隣のバイクに寄りかかっていました。
さすがにそれはまずいぜ、なんてったってバイカーは怖いからな!と思って、
トーキョーバイクとバイクの間に僕のチャリンコを差し込んで入れて、
僕のチャリンコにトーキョーバイクが寄りかかるようにしておいたのです。
出勤後、それをアタカ君に伝えて
「トーキョーバイクじゃなくて、かわいい子が寄りかかってくれてればいいんだけどねー」
なんて冗談を言っていってたら、まさみがいた。
アタカ君が仕事終わった後、まさみをプリントアウトした紙をもって、
自転車置き場まで来て貼ってくれたんだなぁって考えるだけで、すごく嬉しくなった。
単調なリズムで終わるはずの一日が、
アタカ君の小粋な演出のおかげでいい一日になった。
そっからいろいろと思いを馳せながら家路へ向かったんだけど、
単調なリズムなら自分で変えなくちゃいけないよなぁ、
まずは半径 5m をハッピーにすることを考えていこう、なんて思ったりもした。
ありがとう、まさみ。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。