この記事を読んだときは何も思い出さなかったんだけど、飲み会を断って一人で家まで歩いて帰っている時にふと思い出したのだが、今日で paperboy&co. 略してペパボに入ってちょうど4年が経った。

大学を卒業して「ロックンローラーになる、もしくはアメリカに行く」と言って、結局、大学時代から続いていた福祉のアルバイトを続け、さすがに時給で生活していくのもなぁと思ったので、福祉のアルバイトで身につけた(というほどの事はしてないけど)ホームページを作る技術(というほどではないんだけど)を武器(でもないんだけど)に、WEBデザイナー(って何?)として池袋で働いた。

その後、付き合いのあったシステム会社の社長と飲んだ時に、気に入ってもらったのかわからないけど、「ウチにこない?」と誘われたので、そのまま流れるままに護国寺の会社へ。小さい会社だけどみんな良い人たちで、Oracle とか PL/SQL なんかで作った給与管理システムを作っていた。そういえばあまりに画面のデザインがひどいので勝手にいじったら「仕様書にしたがって作ってください」と受注先につっかえされたのを思い出した。

でもやっぱりWEBの仕事がしたかったので、大学時代の先輩の会社のサイトを作ったりする仕事を勝手に持ってきて一人で制作し、それ以外からもツテを頼ってサイトを制作したりして過ごしていた。会社のみんなは全員外部に出向していたので、朝一人で護国寺の会社に行き、誰ともしゃべらずに夜に鍵を閉めて帰った。あの時は今思い出してもしんどい。でも、今思えば、WEB制作の仕事で収支はトントン、もしくはマイナスだったときもあるのに何も言わないで見守ってくれた社長には本当に感謝している。

そんな時にふとはじめたのがこのブログで、このブログを最初においたレンタルサーバー「ロリポップ」を作っていたのが今の会社、そう、ペパボだ。そんでもってこのエントリー(のコメント欄)をきっかけにペパボに入る事になる。
そして時は経ち今じゃ雑誌のカバー。マイク掴んだらマジでNo.1。東京代表トップランカだ。

ホシハヤト

サッカーと唐揚げと蕎麦をこよなく愛し、気がついたらインターネット業界にどっぷり浸かり、体中がインターネットでふやけてしまったガラスの37歳。 GMOペパボという会社で Excel のセルとセルと結合したり、白目を剥きながら右クリックをしながら過ごしています。